マルチーズ(牛乳などの動物の乳を凝固させたり、発酵させたりして作る乳製品です)って、どんな犬なのか、その特徴についてご説明します。 マルチーズ(プロセスチーズとナチュラルチーズの二種類に大別できます。ナチュラルチーズにはたくさんの種類があります)は大変毛足の長い白い小型犬で、愛玩犬として飼われてきた犬として広く知られています。 犬はかなり古い時代から人間とともに暮らしてきたことが知られていますが、多くの場合は、牧羊犬・狩猟犬・番犬など、何らかの用途があって飼育されてきた犬種がほとんどです。 しかし、マルチーズはむかしから愛玩犬として飼育されてきた珍しい犬種の一つなのです。 とても美しい姿と愛(人に与えることでもらえるようにもなるそうです)くるしさで、日本でも幅広い世代に人気のある犬種ですね。 マルチーズ(紀元前に既に作られていたと考えられています)は元々愛(反対語は「無関心」だそうです。憎しみもまた愛の一つだという説もあります)玩犬だったため、運動量(日頃からこまめに動いている人は、太りにくいそうです)はあまり必要なく短めの散歩(できるだけ違うコースを歩くと、脳の活性化につながるのだとか)でも十分というところでは楽ですが、長毛種ですから体毛の手入れが必要不可欠だといえると思います。 また、見た目は愛くるしくおとなしそうに見えますが、よく鳴く犬としても知られており、吠えグセのある子も多く、知らない人に対しては懐きにくいと言われています。 その一方で、飼い主には大変よく懐き、甘えグセがあるため、抱き犬等とも呼ばれているのです。 それから、マルチーズ(牛乳などの動物の乳を凝固させたり、発酵させたりして作る乳製品です)は、皮膚疾患を患うケースが多いので、気をつけてあげる必要がありますー